2月13日 フィレンツェ → ヴェネツィア その2


【市場へ行く】

あちこち覗き込みながら、しばらく行くと、左側に市場があった。向こうの市場というと、広場にゴチャゴチャとあるイメージがあったけど、ここは建物に入っている。中に入ると、肉屋、魚屋、乾物屋、ハム専門店、チーズ専門店、花屋などなど、同じような店が色々とある。向かい合って肉屋があったりもしている。地元の人は、多分行きつけがあるんだろうなって思って見ていると、おばあちゃん(ノンナ)が肉をさばいてもらっていた。

魚やさん チーズ専門店 肉やさんのウィンドー
魚やさん チーズ専門店 肉やさんのウィンドー

豚の頭、豚足、牛肉などの大きな塊。それから、多分、これはウサギなんだろうなぁって思われる小動物。皮がキレイに剥いてあって、足先も頭もキレイに処理してあるのでハッキリとは言えないけれど。でも、グロテスクさは感じない。こっちの肉屋のオバサンはトリをさばいている。トリもニワトリだけじゃないみたい。大きさも色々あるし。1軒のお店に店員さんは2〜3人はいるなぁ。魚屋も覗いてみると、ムール貝やアサリ、イカ、タコなど見慣れた食材もあったけど、知らない魚も。どれも新鮮そうで美味しそう。日本のような魚臭さを店頭で感じない。ロブスターも活きている。美味しそう〜。

パスタ屋を覗いたら、日本人みたいな顔の女性が店番をしていた。「おはようございます」と声をかけられた。やっぱり日本人だ〜。なんでも学生だそうで、アルバイトしているんだって。だから日本語の表示がダンボールに書いておいてあるんだと納得。いろんなパスタがあって色々と勧められたけど、まだ見始めたばかりだし、それに何と言っても、量が多過ぎるのよねぇ。お土産に配るにはちょっと困るなぁ。ん?なんだこのパスタは!って形のもあった。ちょっと恥ずかしくて文章に出来ないのでパス。大人向けの形のパスタってことで想像してください。

野菜野菜や果物のお店がないなぁと思ってウロウロしていたら、階段があった。すぐに登ってみたら、2階が野菜や果物を扱うお店だった。考えてみたら、とても効率的で清潔かも。お肉や魚は水が必要だし、運ぶにしても大きな肉の塊は2階までは大変だもの。生野菜と一緒にポルチーニ茸やトマトの乾燥したのもあった。ここにも日本人の女性が働いていた。やっぱり若いから学生らしい。「ふ〜〜ん、日本人ってどこでも生活しているのねぇ」(笑)
【市場で朝食?】
また1階へ下りてウロウロしていると大きな犬が!見ていたら飼い主らしきオジサンが肉屋のオジサンにお金を渡して脂身を受け取っている。犬は慣れているらしく、しっぽを振って大人しく待っている。そして、美味しそうに食べ始めた。私がカメラを構えてもひたすら食べ物を見ていて、知らんぷり(笑)真っ白でとってもキレイなワンコ。グレート・ピレニアンマウンテン・ドッグかなぁ?って思いつつ見る。ホントにこちらの犬はよく躾がされていて、犬同士出会っても吼えもせず、騒ぎもしない。また他人にも割りと無関心でいるし、お店の中で御主人が買い物をするときは、外でちゃんと待っているし。偉いなぁ。日本の犬とは大違いだなぁって感心する。

お肉を買ってもらっているイヌ イヌのアップ 肉やのオジサン
いただきま〜す! ごちそうさまでした 肉やさんのオジサン

その斜め前の肉屋ではオジサンが器用に網アブラで何か小さな肉の塊を包んでいる。思わず見とれてしまうが、声をかけて写真を撮らせてもらう。でも、タイミングが合わず、下を向いてしまうので何枚か続けて写した。襟から見えるセーターがオ〜シャレ〜!撮り終わったら、向いの店のオジサンが多分「よ!色男!」みたいな感じで冷やかしの声をかけていた。なんて言ったかは判らないけど、でも雰囲気からそんな感じ。

【意外な人達と再会】
一通り見終わったので外に出ようとしたら、昨日、シャルル・ド・ゴールの搭乗ゲートからのバスの中で一緒だった女の子2人組とばったり。フィレンツェの空港からは別々になったので、まさか会うとは思わなかったし。話を聞くと、どうやらフリープランでの旅行らしく、ガイド無しで2人で回っているらしい。まぁ、確かにフィレンツェは治安は良い方かもしれないけど、案内がなくては何がなんだかさっぱりじゃないかなぁ?って内心思う。私はKさんがいたので、バスでサン・ミニアート・アル・モンテ教会ミケランジェロ広場の上の方)まで行ったけど彼女たちはミケランジェロ広場までは歩いていったと話していた。私は山の上からミケランジェロ広場へと下ってきたけど、逆に登っていった彼女たちは大変だったろうなぁ。ホテルも私みたいに近くないらしい。みんな大変な思いをしているのねぇと思う。このあと、彼女たちはローマへ向かうと話していたので「無事によい旅を」と言って別れた。

【イタリア式?ユーモア】
またもやプラプラとしながらホテルの方へ帰る。道路には大分お店が出来上がって来ていた。Tシャツやら、とっても色のキレイな革製品のバッグ、洋服、ピノッキオのマリオネット、絵はがきなどなど。。。中には「え〜〜!」ってものも!男性用の下着のトランクスなんだけど、その図柄が〜〜!なんとダビデ像のその部分。ひえ〜!芸術品をそんな風に冗談にしちゃうんだ〜って思いつつ、そのユーモアさに笑ってしまう。日本じゃあり得ないなぁ、この感覚(笑)さっきのパスタといい、下ネタものが多いのかぁ?

道に並んだお店 ネコの顔の革のバッグ
道に並んだお店 可愛らしいネコの顔のバッグ
2月13日 その1へ TOP PAGE へ 2月13日 その3へ
フィレンツェ・ヴェネツィア
もくじ へ
フィレンツェ・ヴェネツィア
日程表 へ
フィレンツェ・ヴェネツィア
写真館 へ