9月18日 ロンドン

【ホースガーズの交代式】
この日はホース・ガーズの交代式を見るのがメインイベント。まずは最初に、ビッグ・ベンへ。10時ちょっと前に、対岸へ着き、10時の鐘を鳴るのを聞いた。暫く景色を眺めたり、写真を撮ったりしてから、ホース・ガーズへ歩いて向かう。11時から交代式が始まるのだ。門の脇の守衛所にいる騎馬兵も、夏服なので、ガラリと雰囲気が違う。マントも着ていないので胸当てが眩しく見えた。また、それが緋色の制服によく映えること!まずは、騎馬兵のところで1枚。門を入って建物の通路にも警備の衛兵さんが居たので、ここでもパチリ。まるで人形のように動かない。腿まである長いブーツ。ホント、足が長いよなぁ〜

夏服の騎馬兵 微動だにしない衛兵さん
夏服の騎馬兵 微動だにしない衛兵さん

通路を抜けて広場に出ると、そこにはロープがぐるりと張られていた。そのロープの外から見学するようにとの事らしい。ここは、バッキンガム宮殿と違って、観光客もかなり少ない。それでも、11時にはかなりの人がやってきていた。

【男の世界】
私達は早々と来ていたので、本当にすぐ目の前で見ることが出来た。音楽の演奏は無いけれども、粛々としていて、ぴんと張り詰めた空気を感じる。まずは、次に警備に入る側の騎馬兵隊が建物から出てきて、整列する。同じ通路をさっき通って来たのだけれど、何処から出てくるのだろう?って不思議だった。通路の衛兵さんの後ろにはドアがあったけれど…。兵舎に向かって左側に次に警備に入る一団が並ぶ。少しして、警備を終えた隊が到着して、相向き合って整列した。見ていると、馬を歩かせている時は、抜き身の剣をまっすぐに立てて持っている。馬を立ち止まらせている時は、肩に担う。上官の号令で一列に並んでいた騎馬兵達は、一騎おきに後ろに下がって2列になる。後ろへ下がった騎兵達は、その後兵舎へ入ってしまった。

次に警備に就く騎馬兵 警備を終えた騎馬兵 騎馬兵


残りの騎馬兵は左右両方から一騎ずつ出てきて一緒に並んで広場の端まで行って、そこでまた馬を返して戻ってきて、列に並ぶと、次の騎兵がまた同じ動作の繰り返しと言うことをしていた。全員が済むと、新たに警備に向かう騎兵達が隊列を組んで広場から出て行った。彼らが警備に向かうと、終えた騎兵隊も兵舎の中へ入っていった。

並んで行進する騎馬兵 広場の端まで進む 折り返してきたところ
並んで行進する騎馬兵 広場の端まで進む 折り返して来たところ

警備に向かう騎馬兵
警備に向かう騎馬兵

決して派手では無いけれど、『男の世界』って感じがして、格好良かった。歩兵と騎兵の交代式ってこんなに違うのかって思って見ることが出来て良かった。それにしても、良く訓練されている馬達だこと!ちょっと立ちっぱなしで疲れたけれど、ここの交代式はちょっとお勧め!日本人らしき人も、私達以外にはチラホラとしか、いなかったみたいだった。

この敷地内の小さな売店で、歩兵と騎馬兵の人形を買った。前回、ハロッズで見かけて買って帰ったのだけれど、ここでも売っていた。さすが、騎馬兵の兵舎だけある、騎乗兵の姿の人形もあったので買い求めた(ロンドン春編のもくじの人形がそれです)。日本では同じ人形を日本橋三越で見かけた。まるっきり同じ大きさのものだけれど、値段は現地価格の6倍もしていた。一体なんでこんなに値段が違うのだろう?

【犯人はだれ?】
騎馬兵が交代したので、守衛所や門のところの衛兵も交代していた。制服の色も違うし、頭の房の色も違う。来たときは緋色の上着に白い房飾りのライフ・ガーズだったけれど、交代後は、紺色の上着に赤い房飾りのロイヤル・ホース・ガーズとなっていた。制服が違うんだもの、また写真撮らなきゃって思って、またもや写す。背も大きくて足が長くて格好いい(^〃^)まぁ、制服着ていると、かなり美化される部分もあるかもしれないけれど…(笑)騎乗兵の側でも写真を写してもらった。私は馬が大好きなので、怖がりもしないで側に寄って写してもらったのだけれど、そのうち後ろからゴツン!頭を叩かれた

犯行前のウマ
犯行前のウマ

犯人は警備中のおウマさん(この場合、犯馬か?)!側に寄っていった時はなんの反応もしなかったし、まさかイタズラするとは思わないので、安心しきって背中を向けたとたんにゴツンとしたようだった。頭を抑えつつ、犯人を睨みながら見ると、当の本人は涼しい顔して「何もやってませ〜ん!キチンと警備してま〜す」って感じ(^^;それでもって、通りがかりのキレイな金髪のお姉さんに顔を撫でられるとデレデレしちゃって…も〜!!そう言えば、春に見た馬もデレデレしていたっけ。

この後は、地下鉄を乗継ぎ、ハロッズへ向かう。一緒に行ったSちゃんの希望通りブティック巡りをして、この日の観光は終わり。

9月17日へ TOP PAGE へ 9月19日へ
ロンドン秋編もくじ へ ロンドン秋編写真館 へ