3月24日  ロンドン → 成田

【一人で過ごすのに選んだこと】
ハイド・パークのしだれ桜ロンドン最後の日。友達2人はお昼頃のフライト私は夕方のフライトなので、午前中一杯はロンドンでの時間を楽しめた。アレコレ悩んだけれど、結局ハイド・パーク乗馬をすることにした。以前、日本で「体験2日間コース」だったけれども、乗馬クラブへ行って乗り方を教わったことがあるので、鐙に足をかけるのも判っているし、なんとかなるだろうと思ってそれを選んでみた。それに…『海外で乗馬』なんて、ちょっと格好いいじゃない?(笑)
少し早めにホテルを出て、ハイド・パークでノンビリする。シダレ桜が咲いているのを見つける。なんだか嬉しくなってしまう。日比谷公園の9倍の広さがあるそうだけれど、本当にここは大都市の中なのか?って思えるほど自然が溢れている。貰った地図を頼りに行ったのだけれども、イマイチよく判らず、迷ってしまう。道を通りがかった人に聞いて、やっと探し出した。ちょっと奥まったところにあるので、見つけられなかったのだ。

【写真があればなぁ〜】
JTBでキチンと予約をしたのだけれど、連絡が入っていたのかどうか?入っていても先方がキチンと理解していなかったのかどうかは判らないけれど、少し待たされ、その後、アレコレと質問されたが…さっぱり判らず…私も込み入った話は説明できないし…ともかく「horse riding」をやりにJTBで予約してきたとは伝えたつもり…?先方も諦めたのか?それとも理解してくれたのかは判らないけれど、ともかく出かけることになった。この日はかなり暖かかったので救われたけれども、上着も、カメラを含めて貴重品など身の回りのものは全て厩舎に置いていってくれと言われた。だから残念ながら、乗馬中の写真は一切ない(涙)

乗馬後ヘルメットを渡されてそれを被るようにと言われた。連れてこられた馬を見たら、かなり小さい感じがした。サラブレットではなく、足が太くて短い。毛も長めだった。かといってポニーではないみたいだし…。まぁ、なんであれ、関係ないか。私は茶色い馬に乗った。ハイド・パークには乗馬用のコースも設けられていた1周するのにちょうど1時間かかった。公園では観光客がこちらを写していたので、内心私を写した写真を送って欲しいなぁと叶わぬ願いを思っていた(笑)私の乗った馬は、ノンビリと歩く馬だったので、何度かわき腹を蹴って急かした。あまり強く蹴りすぎると暴走の原因になるし、加減が難しい。何度か同行してくれた厩舎の人が声をかけて、速歩をした。お蔭でお尻が痛くなってしまった。乗馬から戻ってきてから、記念撮影をして、そこを出た。

【また行きたい場所】
まだ集合時間までは、余裕がかなりあるので、シャーロック・ホームズ縁のベイカー街へ電車で行ってみた。ベイカー・ストリートの駅には、ホームズ物語の一場面の絵がタイルに描かれているのが、何枚もあった。また、背景のタイルもよく見ると、ホームズがパイプを咥えているシルエットが一面に…。帰ってきてから自分がつくづくバカだったと思うのは、その名場面のシーンの絵を写真に収めてこなかったことを、とても悔やんでいる。背景のタイルは写真に収めてきたのだけれど。外に出ると、「BAKER STREET」の表示があったので、記念に写した。またホームズが下宿していた221Bの住所も!ホームズ縁のお店もあった。そこで、ピンブローチを買ってきた。

ホームズのシルエットのタイル ベイカー街 ホームズの住所
駅の壁のタイル ベイカー街 ホームズの住所!

この頃の私はホームズのシリーズを読み始めたばかりだったので、「行った」ことに満足していたけれど、その後更に読み進み、またグラナダTV製作、ジェレミー・ブレッド主演のホームズを見て、ハマってしまったのだ。まさに、原作から抜け出てきたかのようなホームズがそこにはいたのだ!いつか、またロンドンへ行ったら、ここはゆっくりと時間を割きたい場所である。

【ブザーが鳴る】
集合時間が気になったので、地下鉄でホテル最寄り駅まで戻り、途中のファスト・フード店(マッ○じゃないです)で昼食にした。食後、ホテルで預けていたスーツケースを受け取り、バスに乗り込んだ。ヒースローからは各自それぞれの行動となった。運悪くセキュリティ・チェックで引っかかってブザーが鳴ってしまった。ボディチェックをされているので注目されてしまう。でも、それだけで、荷物の方は何も言われなかったので助かった。中にはスーツケースを開けてチェックされている人も見かけたし。ボディチェック後、何も無かったので解放される(^^;

【最後にGET!】
搭乗時間までかなり余裕があるので、最後のショッピング。ここ、ヒースローはいろんなショップが入っていて、かなり充実している。待ち時間も飽きない。逆に買い物にハマると、時間が足りないくらいかもしれない。

スコッチ・ハウスのショップを見かけたので、真っ先に入っていった。ここで、あんなにロンドン市内で探しまくっていた色のタータンのストールを買うことが出来た。ここのストールは真四角だった。本当にあって、ラッキーだった。これで買い物で心残りはない。お店の人に、この色のタータンを探していたこと、同じタータンのスカートを買ったことを話すと「Good coordinate!(いい組み合わせよ!)」と言ってくれた。今は…当時とは体型も変わってしまったので、スカートは当然履くことは出来ないけれど、ストールは大事にしているので、未だに使っている。アクセントにしたり、防寒用に等使い道は様々だ。空港で、小銭は殆ど使いきってしまう。我ながら?賢い使い方だった。

帰りの便はANAの直行便。11時間ほどで雨の成田に着いた。気温は6℃。ロンドンが暖かすぎたのか、成田は寒すぎた。

3月23日 へ TOP PAGE へ エピローグ へ
ロンドン春編もくじ へ ロンドン春編写真館 へ